死亡事故が発生しているキイロスズメバチの被害|巣を見つけたら駆除

男の人と女の人

ねずみ対策を適切に行う

ネズミ駆除をする際は穴を塞がなければまたネズミが入ってきてしまうことに気をつけましょう。駆除業者は人気がありますが、それは穴を確実に発見し、効率よくネズミ駆除を行ってもらえるからです。無理に自分でやろうとせず、専門業者に依頼しましょう。

固形の忌避剤で撃退

自分で行える鳩対策として、固形の忌避剤を使う方法が挙げられます。固形の忌避剤は鳩が嫌う臭いがする、植物由来の成分で作られており安全に追い払える点が特徴です。通常であれば1ヶ月程度持ちますが、雨に塗れると効果が短くなるので注意しましょう。

怖いスズメバチの被害

ハチ

人家の周辺にも進出

スズメバチは日本に生息する数ある害虫の中でも特に危険な虫で、毎年のように死亡事故も発生しています。毒自体の危険性もさることながら、アレルギー性のショックを引き起こして重態におちいるケースが目立っています。わが国ではスズメバチの生息が数種類確認されていますが、街中でも見かける機会が多いのがキイロスズメバチです。キイロスズメバチは5〜6月ごろにかけて営巣しますが、卵が孵って個体数が増えるにつれ巣を引越す習性があります。そのため人家の周辺にも進出し、軒下や天井裏などに短期間のうちに大きな巣を作ります。キイロスズメバチの駆除にはかなりの危険を伴います。駆除を行う時は専門業者に依頼するのが賢明です。実績のある業者なら、ハチ自体は見かけるものの巣が見つからない、という場合でも探し出して駆除してくれるので人気があります。

大きな巣はプロの手で除去

キイロスズメバチは北海道を除く全国に広く分布し、5月から9月にかけてが繁殖のピークとなります。日本にいるスズメバチの中では最も小型ですが、性格は非常に攻撃的で、巣の近くを通りかかっただけで襲ってくることがあります。集団で飛んでいる時は特に興奮しやすく、大変に危険です。キイロスズメバチの巣は最大で直径1メートルほどになることがあります。初夏のころ、まだ巣が小さい段階であれば自力での駆除も不可能ではありません。しかしその場合でも防護服で完全に身を固め、周囲に人を近づけないよう万全の準備を整えてから作業を行うようにします。駆除にはハチ専用の強力なスプレー式殺虫剤が便利です。すでに大きくなってしまった巣を見つけた時は、無理をせずプロに駆除を依頼するようにします。

ねずみかなと思ったら

ねずみ駆除は1回で終わらないことがほとんどです。1回で2〜3時間かかり、2週間の期間をあけて平均3回ほど駆除作業を行います。そのため駆除が完璧に終わるには数か月かかることがよくあります。また料金は条件により変わっていきますが、早めに対策しないと価格は高くなる傾向があるということです。