死亡事故が発生しているキイロスズメバチの被害|巣を見つけたら駆除

作業員

固形の忌避剤で撃退

作業員

雨に塗れると効果が落ちる

鳩はとても帰巣本能が強いという事もあり、1度住み着いてしまうと我が家と認識して、なかなか移動しません。完全に居ついてしまうと専門業者に対策をしてもらわなければ、追い出す事も難しくなるようです。このような事態にまる前に、自分で鳩対策を行ってみましょう。色々な対策法がありますが、手軽に使いやすいのが固形の忌避剤です。鳩が嫌う臭いがする忌避剤で、置くだけで追い出す事が出来ます。特に、まず最初に鳩が止まりやすいベランダの手すりに置けば、効果が期待出来るでしょう。通常、固形の忌避剤は約1か月程度、効果が持続すると言われています。ただ、雨に塗れてしまうと効果が落ちてしまう為、設置する場所を慎重に考慮する事が大切です。

臭いで撃退

固形の忌避剤は鳩が苦手とする臭いによって、寄り付かなくする効果を発揮します。鳩は鳥獣保護法で保護される対象となっている為、薬などを使い撃退する事は法律違反になるので行えません。固形の忌避剤は薬剤など鳩の健康を害したり、死亡させるような成分は一切含まれておらず、鳩が嫌いなハーブなどの植物エキスや植物油が主成分です。鳩に危害を加える事なく対策ができるので、固形の忌避剤は安心して使えるとして、多くの方が利用しています。ほとんどの商品が植物由来の成分を使っている為、人の体にも悪影響を与えるという心配はありません。手の届かない場所に設置すれば、小さなお子さんがいるご家庭でも安心して鳩対策が行えるでしょう。